岡山市民劇場とは

岡山市民劇場は1955(昭和30)年に「岡山の地でプロの演劇を観たい」と渇望する人びとによって、演劇文化の向上を目的として創立されました。

66年もの長い間、多くの市民によって育てられてきた会員制の“演劇を観る会”であり、さらに多くの人に”観劇を広める会”です。

営利団体ではありません。興行主もいません。すべて会費でまかない、会の運営はサークルが協力して行っています。

現在587のサークル、3,424人の会員が岡山市民劇場に集い、運営し、観劇を楽しんでいます。

目の前で繰り広げられる、ナマの舞台とのふれあい、会員相互の温かい交わり・コミュニケーションは、新しい自分を発見するまたとないチャンスにもなるでしょう。

お知らせ